製品詳細

IDK200ℓドラムヒータ

 

IDKドラムヒータ 形式DH-23 AC単相 200V 3000W
ドラム缶内容物の加熱
 重油などの油脂類・アスファルト・樹脂・塗料・糖蜜等ドラム缶で油槽または貯蔵されているもので、低温時に高粘度になるものは、ポンピングその他現場における抜きだし作業が困難で、多大の工数を余儀なくされております。
 IDKドラムヒータは、工業用ヒーターの専門メーカーである当社が、IDKバンドヒータを主体として、これらの現場作業が、誰にでも手軽に、安全に、確実に、しかも迅速に実施されるよう特別設計されたもので、ヒーター自体に雨さえかけない限り、如何なる現場でも、200Vの電源さえあれば、容易にその作業性を向上することができます。

ヒーターの構造と特徴
 IDKドラムヒータは、ヒーター部、締付装置、切換スイッチ、および差込プラグ付電源コードより成り、それぞれつぎのような特徴を持っております。
1.ヒーター部:ヒーター部は、定評あるIDKバンドヒーターで、発熱抵抗線は、マイカ板により完全に絶縁され、その外周は充分な肉厚をもったステンレス鋼板により被覆保護してありますから、現場作業における乱暴な取扱いにも充分耐えられる堅固な構造となっております。
2.締付装置:締付装置は、ドラム缶の円周において、ヒーター面の完全な接触が得られるよう強力なスプリングを具備したワンタッチ方式になっており、フックのついたハンドルレバーにより簡単確実に着脱することができます。
3.切換スイッチ:このヒーターの定格は、単相200V3000Wであるが、被加熱物の内容によっては急激な温度上昇により内容物が変質するものもあると思われるので、ヒーターのワットを3000W、1500W、750Wの3段階に変更出来るように切換スイッチを具備してありますから、それぞれの条件に合わせて御選択頂けます。
 なお1本のドラム缶に2ヶまたは3ヶを同時に取付けることができますから、切換スイッチとの併用により比較的耐熱性の低い内容物に対しても作業のスピードアップが可能となります。
4.電源コード:このヒーターには、ヒーターの消費電力に対して充分な電流容量をもったキャブタイヤーケーブル2.5mを附属しており、その両端末には差込プラグが取付けられておりますから簡単に確実な接続ができ、安心して作業をすることができます。

IDKドラムヒーターの性能
 IDKドラムヒーターは、その内面がドラム缶の外面に完全に密着したときに最も高い効率を発揮いたしますから、ドラム缶が新しく変形の少ないものほど有効に御使用頂けます。しかしながら一般には完全な密着を得ることができにくいので、ヒーターはある程度の接触不良があっても断線等の事故のないよう安全な設計となっております。
 1本のドラムに、3000WのIDKドラムヒーター1ヶを取付けて180ℓの水を加熱した場合の温度上昇は、1時間で約10℃であります。同じ条件で、普通のC重油を加熱したときの温度上昇値は、約18~20℃であります。
 IDKドラムヒーターの表面温度は、接触の良否によって異なりますが、おおむねつぎのとおりですから、被加熱物の種類によってヒーターのワットを加減して下さい。なおヒーターがついている部分のドラム缶の内面温度は、勿論これよりも低くなりますが、これは内容物の諸性質により異なることを御承知下さい。
註:IDKドラムヒーターの標準電圧は、200Vでありますから、220V地域で御使用の場合は電気容量が切換スイッチによりそれぞれ高3600W、中1800W、低900Wに調整可能です。
      H   3,000W
     M    1,500W
     L     750W

PAGE TOP